セラミドは肌を守るために欠かせない物質です

セラミドは、角質層にある細胞間脂質の一種で、その割合は全細胞間脂質の4割から6割となっています。
この物質は水に溶けない不溶性物質であるため、肌の水分保持と肌の保護という、肌を守るバリアの役目を果たしているそうです。
この物質は最近美容に良い物質として注目を集めていますが、加齢などによる乾燥肌や肌のかゆみで悩んでいる人には特に効果的であると言われています。
肌は、空気の乾燥や不規則な食生活、ストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れや、加齢、間違ったスキンケアをするとなどにより、皮脂と角質が傷つきやすくなり、肌の水分が蒸発して乾燥肌になりやすくなります。
乾燥した肌はセラミド不足になって肌バリアが弱くなり、汚れが最近などが侵入しやすくなってしまいます。
そこで、化粧品などで人工的に肌にこの物質を補うことにより、乾燥肌の症状を改善することができるのです。
また、この物質は、アトピー性皮膚炎の症状の改善にも効果があるということです。